2007年12月23日日曜日

エレベータトーク

ネット上に於ける言語翻訳機能の向上には目覚しいものがある。 少なくとも日本語と英語の間では、私の大雑把な感触だが65%以上の精度が有ると思う。 最近の性能向上の速さから推測すると5年後には85%以上の精度を期待できるのではないかと思う。 これは日本からの世界へ向けての情報発信にとても容易にする。 只、言わずもがなかも知れないが、ネット上で表現される日本語による情報を完璧に正しく外国に伝えるには、文化的な差異を念頭に置いた上で、伝える内容の構造や表現方法をきちんと外国語に訳し易く構築する必要がある。 マーケッティング情報の発信はことにこの点を留意する必要がある。 ”3分で要点を伝える”、エレベータが最上階の役員室フロアに着く前に相手に要点を伝える術、所謂エレベータトーク、・・・日本の情報がネット上で流通しやすい環境が整うにつれて、ネット上の表現方法にも同様な事が言えそうだ。 

時空と言語の壁も越えて”人々がコミュニケーションをとるようになった時、文化の壁も乗り越えて地球上の人々の相互理解は進む。 それが人類の平和、地球の延命に繋げてゆく力になるか、人の叡智の問題になる・・・この点については、別途考えてみたい。

12/23/07

0 件のコメント: