2008年6月20日金曜日

旅客機の中でインターネット

昨年夏、発表された飛行機内でのインターネットアクセスサービス、いよいよ今夏より商用開始されるようだ。  ユニークなのは、通信衛星ではなく、米国を92のセルに分けて、そこに立つアンテナとの間で信号をやり取りする事。 飛行機内には通常のWiFi環境が整えられるため、接続の為の特別機器は不要で、定額アクセスチャージを払うだけで良いとの事。 ”aircell”という会社が提供する”Gogo”というサービス。

時間を惜しんで仕事をするビジネスマンには、とても便利だが、同じ忙しい仕事人間でも飛行機の中は、唯一の休息場所と心得ていた人々にとっては果たしてどうか。 

嘗て一緒に仕事をしていた同僚で、一年中飛行機で世界を飛び廻わり、「俺の事務所は飛行機の中」と豪語していた人がいるが、このような人々には、たまらなく嬉しい話だろう。

Gogoサービスは当然ながら、データのみでインターネット電話などの音声通信は出来ないように仕込んであるとの事。 当面は米国内だけで利用できるサービスだそうだが、何れはカナダ、メキシコにも拡張されるらしい。 果たして、日本国内線にもこのようなサービスが出てくるのだろうか。





6/20/08

0 件のコメント: