2008年10月6日月曜日

企業の人材

金融不安と天然資源価格高騰に端を発した現在の経済情勢下、日本企業の業績見通しも続々と下方修正されているとのこと。 本日の日本経済新聞にも「社長100人アンケート」として、「景気悪化」と認識している主要企業の社長の割合が94%とか。 設備、人材にも「余剰感がある」と答えている経営者が10%以上ある由。

余剰人材をすぐ削減という短絡的な措置には至らないと期待しつつ、有用な社員として人材を育てるのは容易ではないことを喚起しておきたい。 

10/6/08

0 件のコメント: