スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月, 2008の投稿を表示しています

情報発信 - 国際市場へ向けて

企業の国際化、先ずは情報発信から・・・このブログでも何度か触れているテーマである。 インターネットの普及は、誰にでも極めて容易に情報発信することを可能にした。 
先ずは、企業の自己紹介、つまりホームページ上で英語による情報発信、出来れることなら中国語、スペイン語なども加えると良い。 何をする会社か、トップページを見るだけで、更に詳しく知りたくなるような造りであることが望ましい。 動画なども組み込めば一層情報力が高くなる。
そして、最も重要なことは、ネット上で直ぐに見つけてもらえる様にする工夫をすることだ。 その為の技術やテクニックは相当開発されているようであるが、やはり海外への情報発信を積極的に考える企業一覧サイトの様な物がネット上に設けることが早道だ。 それも、然るべき組織か国際的に有名なメディアにより運営されていると露出度が一挙に高まる。
既にその種のサイトはいくつも存在しているが、オープンに誰でもアクセス出来るプラットフォームになっているサイトは未だ極めて少ない。 動画も含めて支援するサイトは未だ殆んど見当たらない。
先日幾つかの中小企業支援組織や企業連合体に訊ねてみたが、外国語・動画を用いたオープンな情報発信基盤の必要性を認識していても、現時点では未だ具体化できる状況にはないとのことであった。
一日も早い実現が望まれる。
12/30/08

オジサン

5年ほど前、米国行きの飛行機に搭乗時、荷物を頭上の物入れに収納しようとしていた折、迂闊にも左手が滑り、物を取り落としたことがある。その時、運悪く落下した物が、隣の座席の若いビジネスマンの肩にあたり、「オジサン、気をつけろよ!!」と言われた。 幸いにもご当人にけがなどはなかったが、この時初めて、他人さまから声高に”オジサン”と呼ばれはっとしたことを思い出す。 本人は若い積りでも、他人さまには、「オジサン」である。 爾来、年相応にと肝に銘じている。 「ジイサン」と呼ばれる日もそう遠くはないかも知れないが、他人さまから言われるまで気付かないことのないようにしたいと思う。
12/25/08

新しい事業分野

今年後半、特に9月以降急激に景況が悪化し、今や100年に一度、未曽有の事態との言葉が毎日のように目に耳に飛び込んでくる。 景気回復には時間が掛かる見通しであるとか。 大変なことには違いないが、今こそ新たなビジネスを創出する良い機会でもあるような気がする。 
電気自動車の開発、自然エネルギーの効率的有効活用、バイオなどなど、科学技術分野における更なる発展は無論であるが、従来型の開発とは異なる新規事業の可能性も大きいのではないか。 そのうちの一つ、ネット利用のビジネスに関しては、我が国は、先進諸国のみならず一部の新興諸国の後塵を拝しているが、今こそ力を注ぎ一気にトップグループに躍り出られるような分野もあるように思うがどうであろうか。
12/25/08

師走

今年の忘年会シーズンも早半ばを過ぎつつある。 一年に一度、忘年会だけで互いの健勝を確かめ合う仲間も多い。 今年も残すところ2週間足らず。 欧米人とやりとりをしていると、クリスマス前に一区切りつけたがる。 何れにせよ、あれもこれもやらなければと気ぜわしい。 師でさえも走る、正に師走。
12/18/08

石神井公園には相当数の猫が生息するが、皆栄養十分、人に対する警戒心も殆んどない。 それもそのはず、毎日殆んどきまった時間に猫に餌を与えにくる人々がいる。 それもクラブ活動の様にして。 何匹の猫がいるか知る由もないが、少なくとも数十匹はいるだろうがその殆んどが去勢、避妊手術が施されているそうだ。 勿論、餌を与えているボランティアの人たちと志のある獣医さんのティームワーク。







晩秋の彩

今日は、ピリッと空気は冷たいが朝から雲ひとつ無く穏やかな天気。 湘南ビーチFMをインターネットで聴きながら、映し出される葉山からみる富士山がとても美しい。 日中に、これだけはっきりと富士山が見られるのは、それだけ空気が澄んでいるトいうことだ。 
陽気につられて、石神井公園へ。 昨年と変わらず見事な晩秋の彩りだ。 

石神井公園
ボート池













石神井公園 ボート池南側広場

















石神井公園 三宝寺池周辺で寛ぐ人々
石神井公園子供遊び場付近







石神井公園 三宝寺池







石神井公園 記念庭園














これらの写真は、昨年散歩中にデジカメに収めたものだが、今年もほぼ同じ彩。 この時期の石神井公園は、ひときわ美しい。
12/7/08