2009年4月14日火曜日

ジャーナリズムの新たな試み

インターネットが普及し皆がネットに接続出来る時代に、新聞、雑誌等の既存メディアは果して生き残れるのか。 多くの人々が抱き始めたこの疑問、一つの方向性を示す試みが始まった。 True/Slantというメディアがそれだ。 Wall Steet Jounalの有名なコラムニストWalt Mossberg氏がこの新しいメディアについて簡潔に紹介してくれているので見てみよう。



True/Slantは、ウェブベースのニュース配信とは異なり、記事の執筆者は自分自身のページを持ち、自分の得意分野の文章を書く。 そこにスポンサーが広告を掲載し広告収入の一部を執筆者も受け取れるという。 当面は65人の“契約執筆者”が記事を書くそうだが、読者はコメントを投稿出来る仕組みになっているとのこと。 又、SNS機能も持たせるとか。 Mossberg氏の話を聞いている限りは、インターネット上で可能な様々な手段を総合的に網羅した媒体の様でもあり、現在の延長線上で考えればごく自然に出てくる発想の様に思われる。 True/Slantが成功するかどうか、何とも言えないが、インターネット時代に於ける新たな試みであることは確かだ。

4/14/09

0 件のコメント: