2011年3月3日木曜日

通信ネットワーク技術は何処へ?


日経電子版に翻訳掲載されたForbs223日の記事は、時代の一つの節目を表しているように感じる。


パソコンの常識を覆し、誰でも使う事が出来るほど身近なものにしたアップルコンピュータのマッキントッシュ、以降若干の紆余曲折はあるがアップル、ウィンドウズ系PC共に、想像を絶するスピードで進化を遂げてきた。 これに丁度同時並行的に、インテルなどの半導体企業の躍進、マイクロソフトを筆頭に多くのソフトウェア企業が生まれ新たな産業分野が創生された。 1970年代半ば辺りから、米国国防総省の指揮の元に開発されたアルパーネットを基本技術としたパケット通信技術が商用化されるようになり、現在のインターネットへと急激な進化が始まる。 このネットワーク関連機器の世界最大手企業が、Forbs記事にあるシスコシステムズ。 同社CEOの云うようにシスコの新製品投入スピードには凄まじく、常に市場をリードしてきた。

そして今、Forbsは、シスコは突然普通の大企業になったという。 確かに現代に於いては、通信ネットワーク技術に目新しいものは無くなった。 光ファイバーは一般家庭の屋内にまで入り込み、3G携帯電話も次世代への移行をみせており、屋内無線LANも当たり前になった。 次に来る技術は、恐らく光通信と無線通信(携帯の様な移動無線を含む)の競合的融合と帯域幅の拡大(現在の実行速度の何倍もの速さ)への進化であろう。 これも既存技術の延長線上に見えてくるものと云えなくもない。 通信インフラを支えるこれ等ネットワーク技術は透視しうる向こう35年位の間には、革新的な変化を見込むことは難しそうだ。 

今後暫くは、進化してきた通信ネットワーク技術や高性能コンピュータ、パソコン等に代表される情報処理技術を使い如何に便利な利用価値を生み出すかという点が競争と成長のポイントになる。 フェースブック、ツイッタmixi, マイスペース、等のソーシャルネットワークの沸騰、オンラインゲーム等に加え、医療面における診断・センサー技術・リモコン技術の進化による遠隔・在宅医療技術の発展、そしてスマートグリッドと称する省エネ型電力・データ網等、現在の技術をベースとした様々なアプリケーション、革命的な利用価値の創造と向上が急速に進むのではないかと思われる。 ネットワークインフラシステムに主力を注いてきた、シスコシステムズは、今この課題に直面していると考えられ、それが決算内容にも表れていると思われる。 然し、将来を見通す洞察力に裏付けられた同社の技術開発力に衰えは無いと思われ、必ずやこの課題を克服して行くものと確信し、期待したい。

3/3/11