2012年7月17日火曜日

創造力と活力の源泉となる場を設ける・・・


イスラエルの人口は僅か780万人程度だがそこには、数多くのベンチャーキャピタル(VC)があり、優れたアイディアと技術を有する若い企業が世界に羽ばたいて行く。 

その数あるVCの中でも最大手の一つJVP Fund、そのエルサレムに本拠を構えるVCとしての機能を包み込むように、JVP Media Quarterがある。 JVP Media Quarterは、JVP Fundの創業者Erel Margalit氏が、技術、創造性、社会活動の融合を実現し興奮に満ち活力に溢れる場を設けようと、2002年にその構想を描き、翌年からその実現へ向けて動き出した。 2006年には英国統治時代に建てられたビルを改修し、エルサレムの旧鉄道駅周辺の活性化も実現する大がかりな作業に着手、2008年に現在の姿が完成した。
そこにはバウハウス様式の美しい姿のビルがありJVP Fund, JVP Media Labs, JVP Communityがある。 JVP Fundは文字通りベンチャー企業に対する資金的支援がその業務、JVP Media Labsは生まれたての企業を育てて行くインキュベーションをその主たる業務とし、そのもとに集まる多くの若い企業がJVP Media Quarter内に事務所を構える。
そしてJVP Communityは、何某かのハンディキャップを有する子供に対する教育上の支援、社会生活の為の予備的支援、それらの子供の親たちに対するアドバイス等広く考えられたプログラムの提供、若い音楽家、芸術家の表現の場所などが提供されている。 驚くべきことは、JVP Media Communityの実質的な活動が徴兵前の若者によるボランティア活動により支えられているという事だ。 この様に、若い企業が生まれる環境を作り、育て試験的支援を行う一方、ハンディキャップを有する、潜在的な社会的弱者を子供の時から支援して行くシステム、JVP Media Quarterの資料を読んでいて、今こそ日本にもこの様な仕組みが必要ではないかと、つくづく思う。 

おりしも、715日朝日新聞朝刊「ザ・コラム」に渥美好司氏(朝日新聞福島総局長)が専修大学広瀬教授の言葉として「希望のある社会とはどの様なものかを想像する力、イマジネーションが今の科学政策に欠けている。 想像力は人文・社会科学の得意領域。自然科学と一緒になって考えていかなくてはならない。」とある。そしてアインシュタインの言葉「知識には限界があるが、想像力は世界を包み込む。」と結んでいる。

JVP Media Quarterのビジョンとその概念は、正に広瀬教授、或いはアインシュタインの言葉を具現化しているように思う。 3.11で被災した東北復興の為に、この様な組織を設立できないものだろうか。



Watch Connections Video in 人・ブログ  |  View More Free Videos Online at Veoh.com

Source: http://www.jvpvc.com/

2012年7月16日月曜日

テレビ放送


  "Go Beyond Borders", "When we know it, you'll know it"...CNNの姿勢を示す様々なスローガンの中で、私が気に入っている言葉だ。 このテレビを見ていると世界中の出来ごとを素早く簡潔に報道してくれるだけではなく、アフリカ、アジア、中東など其々の地域固有の文化、社会問題など好奇心をそそるテーマを特番風にじっくりと見せてくれる。

  先程、午後6時台の時間帯に日本を代表する公共テレビのチャネルを覗いてみた。地上波総合テレビチャネルは、お笑いバラエティー、教育チャネルは子供向けアニメ番組、衛星放送第一チャネルは巨人対阪神の野球中継、衛星2チャンネルは休止、衛星3チャネルは「未解決事件File. 2 オウム真理教」と称する特別番組、衛星第4チャネルも休止、今世界で何が起きているか全くお構いなしの体だ。

  無論これは私の好みの問題だと思うが、多くのチャネルを有する公共放送、一チャネル位は時々刻々と変化する世界の「今」を見つめて報道し続ける姿勢を示してほしい。 CNNに衝撃を受けて30年、我国テレビ放送には未だに変化の兆しは無い。