2013年10月23日水曜日

「美しい国、日本」

  「美しい国、日本」、人それぞれ多様な解釈があると思う。 私も含めて多くの人々は、その言葉の響きから、豊かな自然と文化に囲まれて、人々が暮らしやすく質の高い生活を営む国というイメージを脳裏に浮かべるではないか。  


  平成2510月現在の日本はどうだろう。 東京都心では覇を競うように高層ビルが続々と建設されているが、宅地には未だに電柱が立ち並び、上空にはクモの巣の様に電線が走る。 狭い道路を人や自転車が触れ合うほどの状態で行き交う。 ラッシュアワーの時間帯に踏切で10分待たされることなどは、50年一日の如しの感がある。社会保険の適用条件が徐々に厳しくなり国民に変化を強いている。 最近は特定機密保護法案と称する法律が成立する勢い、我が国はその昔にタイムスリップしつつあるのではないかとの危惧感も頭をよぎる。 オリンピック招致に成功し、「おもてなしの心」が強調されることが多くなってきた。 あえて「おもてなしの心」と言わなければならない時代に息苦しさを覚えるのは私だけだろうか。 教育問題もある。 地方法人課税も見直されて一部国税化されるそうだが、つい先ごろまで声高に謳われた地方分権の強化に逆行しているように思う。

  1970年代後半、米国の社会学者エズラ・ヴォーゲル氏著による「Japan As Number One」で浮かれたこともある 然し、その後の我々は、「失われた20年」そして未だに「停滞する20余年」でもたもたしている。この間の世界の変貌は凄まじく、 今や中国は世界第二位の経済大国。 電子機器産業も韓国、台湾が世界市場で活躍している。中国ハイアールの躍進も目覚ましい限りだ。 ならば、日本もかつての勢いを取り戻すべく従来の土俵で力をつけて挑戦するのだろうか。 企業活動を活性化することはとても大切なことだが、従来の様な大企業主導ではなく、今こそ、そこここで芽生え始めている草の根技術開発を育てて行く、中小企業の有する底力を引き出すことが重要だろう。 これにより我が国は、従来と異なる新たな企業活動分野を構築するべきだと思う。 

  様々なことが脳裏に浮かび取りとめない思いに駆られていたら、先日1018日東京新聞夕刊にJT生命誌研究館館長中村桂子氏が「日本は先進国なのか・・・自分らしい生き方困難に」という文章を書いておられる事を思い出した。 氏の考える先進国の最低条件は、一極集中でないこと、食糧自給率が高いこと、コミュニティスポーツや文化が確立していること、街並みが美しいこと(歴史・文化を踏まえて)の4つを挙げておられる。 同感だ。 「美しい国、日本」の最低条件でもあると思う。 この4つを実現するだけでも、50年、いや100年かかるかもしれない。 国家100年の計、政治家だけに委ねて済む話ではないことだけは明らかだが、さて。

10/23/13

(註)上述の中村桂子氏の文章の写しをここに貼り付けておく。