2008年2月9日土曜日

97歳の手習い

私の義母、自宅で独りで生活する97歳。 炊事や洗濯は言うまでも無く、新聞を隅から隅まで読み、米国大統領候補者の略歴なども知っている。 俳句を毎日詠み、暇さえあれば手と編み棒を動かし、襟巻き程度の簡単なものは2-3時間で仕上げてしまう。 もともと好奇心と記憶力は、抜群。 電話帳不要で日頃必要な電話番号は彼女の頭の中に入っている。 そのような人なればきっと直ぐに、慣れるであろうと、先日97歳の誕生祝に携帯電話をプレゼントした。 初日に受信通話は問題なく出来るようになり、翌日には発信通話を、そして三日目には早くもケイタイメールを読んでいた。 予想通りの展開。 孫や曾孫とメールをやり取りするのようになるのも、そう遠くはなさそうだ。 

2/9/08

0 件のコメント: