2007年9月19日水曜日

パソコン内での顧客争奪戦

日本時間の今日(米国時間の9月18日)、IBMがオフィス・デスクトップ・ソフトウェアを無償提供すると発表した。 このソフトは、IBMのサイトから誰でもダウンロード可能とか。 先般来、アップル、グーグルがマイクロソフトを狙い撃ちするように、競争を仕掛けているが今回のIBMで一般ユーザに大きな影響力を有する4社が出揃った。 いよいよ、一般ユーザのパソコンの中で、顧客争奪戦が活発になってきたというべきか。 それにしても、相変らず日本のメーカは蚊帳の外。 言葉の問題、発想の問題、いろいろ理由はあろうが、日本はどんどん世界の流れから取り残されてゆくような感じがしてならないのは私だけなのだろうか。

9月19日

0 件のコメント: