2010年12月15日水曜日

貿易依存度

「国際化」、古くて新しいテーマだ。 世界の其々の国ごとに、その時代の国際化がある。 今年2010年10月、菅直人首相が所信表明演説で、五つの重要政策課題の一つに「国を開き未来を拓く主体的な外交の展開」を挙げ、「・・・・天然資源・エネルギーや市場を海外に依存する我が国は、如何にして平和と繁栄を確保するのか。受動的に対応するだけでは不十分です。 国民一人ひとりが自分の問題としてとらえ、国民全体で考える主体的で能動的な外交を展開していかなければなりません。その際、国を思い切って開き、世界の活力を積極的に取り込むとともに、国際社会が直面するグローバルな課題の解決に向け、先頭に立って貢献することが不可欠です。(以下略)」と云う。 昨年辺りから使われ始めた言葉、「第三の開国」(明治維新、第二次世界大戦敗北に次ぐ、三度目の開国という意味らしいが)を、念頭に置いているようだ。

世界銀行が発表した2007の貿易依存度(物品とサービスの輸出入合計額をGDPで割った数字)は、33.5%169位というデータがある。 我国の下には米国とブラジルだけがデータ算出可能な国として挙げられている。 過去の数値を眺めてみると、2007年が特に悪いわけではなく、1990年と2000年は其々20.0%20.5%で世界160位と180位、又、12月14日付日本経済新聞のコラム「一目均衡」によると、最近(恐らく2009年)の数値は22%となり、175位である由。 輸出入のバランスはどうか、同じ世銀の2007年のデータを読むと、日本の輸出、輸入の対GDP比は、其々17.6%(世界157位), 15.94%(世界171位)と余り大きな差は無い。 生憎、1960-1990年のデータが手許に無く、過去50年間を俯瞰することは出来ないが、少なくとも直近20年で見る限り、総人口で世界の10位である我国の貿易依存率が如何に小さいか分かる。 ここ数年、内需拡大が叫ばれているが、我国の総人口曲線も減少に転じた。 

現在の低い貿易依存度に甘んじつつ、慎ましく国内市場依存を続けてゆくのか、或いは我国歴史上類を見ない大きな飛躍を遂げて高度に良質な社会を構築して国内志向を維持して行くのか、或いは国内市場の延長としての海外市場を開拓して行くのか。 国内社会の質を一段と高めて国内市場の質を変えてゆく作業と共に、地理的市場を一段と広げ、交易の増加を目指すことは避けて通れそうにない。 筆者は、多くの欧米企業が日本市場に参入するプロセスに関わってきた。 それら欧米企業に共通していた点は、最初から「世界が市場」と認識している事だ。 需要が有れば、躊躇なく何処へでも出てゆく。



では日本企業はどうするか。 大手企業は既に長年に亘り、「輸出」を軸に海外展開を図り、今「輸出」から「製造・開発」拠点や「資材調達拠点」をも国際展開しつつある。 優秀な技術を有する我国中小企業にとっても選択肢は余り多くない。

0 件のコメント: