2007年7月6日金曜日

アップルの戦略 - その2

6月29日予定通りiPhoneが北米にて発売になった。 その後順調に販売を伸ばし、2007年中に1000万台売るとの目標も現実味をおびてきた。

1月にSteve JobsがiPhoneを大々的に発表して以来アップルウォッチャー達が、いろいろな事を言ってきたが、実物の出来は果たしてどんなものか、日本では未発売であるが故に、私は残念ながら現物を見ていないが、大いに期待を寄せていた。 予想通り、6月29日の発売日直後のメディアの評価は、ほぼ例外なくiPhoneに高い評価を与えている。 あるメディアは発売直後にiPhoneをばらばらに分解して其の部品メーカー名を公表している。 

私は、日頃どの様に素晴らしいマーケッティングであっても、其の製品が前宣伝通りに作られていなければ話にならないと思っていた。 シスコやベイ(ノーテル)などのネットワーク企業は、マーケッティングで将来の夢を語り、其の時点では、其の夢を満たすには不十分な製品を販売してきた。 少し言い過ぎかもしれず、表現は悪いが、謂わば”逃げ水マーケッティング”とでも言おうか。 

ネットワークインフラ機器と消費者用端末機器とは違うのであろうが、iPodに始まったアップルの手法は夢を直ぐに実現にしてみせる、一般消費者が"こんなものあったら凄いな。 3年先かな5年先かな?”と漠然と考えているものを、直ぐ市場に出す、それも仔細な機能を前宣伝通りに実現してみせる、これはもうIT機器ベンダーの模範というか、従来のIT機器ベンダーの仕事の進め方を根底から覆すほど革命的な手法といえるのではないか。

今回、製品の出来栄え、日程、出荷管理と其の情報管理体制などに象徴される、今回のiPhoneの素晴らしい成功は、アップルのビジョン、透視力(人間の趣向、IT市場動向、ネットワークインフラ動向など等)、柔軟な発想を鼓舞しての製品企画、開発、設計、製造、マーケッティング、ロジスティックス、そして其の全工程を通して管理するプロジェクトマネージメント、これらが一枚岩でなければ、このような芸当は出来なかったように思う。 嘗て、何かの記事でアップル社内には、Jobsの余りに強すぎるカリスマ性に対する不満がくすぶっているというようなことを読んだ記憶がある。 私にはアップル社内の事は判らないが、少なくとも、今回の件で見る限り、アップル社内は、一丸となってiPhoneを世に出した、社内統制の素晴らしさを見せ付けてくれた。 アップルが今後共、消費者を興奮させる機器を出し続ける限りは、この社内結束は維持されるのだろう。

いずれにしても、技術力なくしては、製品化の実現は成し得ないが、最近のアップルのもう一つ素晴らしいところは、標準部品を最大限活用するという事ではないかと思う。 これは単に、コストを抑える効果だけではなく、製品化する工程を短く出来る、詰り、当初のスケジュールを制御しやすいという事に繋がる。 余談になるがソニーのプレーステーション3は、専用部品に拘ったが故に出荷時期が遅れたり当初予定の機能の一部が間に合わなかったりしたとの世評だ。

高い信頼も、一夜にて崩れ去る事が日常的に起きている忙しい現代に、アップルが築き上げつつある期待と信頼を何処まで強化・維持出きるか、アップルに関する興味は尽きない。

平成19年7月6日

一休:iPhone発売の翌日6月30日にはもうこのような映像がYouTubeに載った。投稿者名はvirtualmagician(http://www.virtualmagician.com)。手品師の作品とか。 中々面白い。人気上々のiPhoneを表す一齣だ。

0 件のコメント: